小児歯科

虫歯治療

乳歯は永久歯に比べて小さくやわらかいので、虫歯になりやすく、進行も早い特徴があります。
また、乳歯の虫歯は生えかわる永久歯に悪影響を与えますので、放置せず早めに治療しましょう。

虫歯予防

お子様がご自由にお使い頂けるキッズルームを設けております。

■フッ素塗布
フッ素には、歯を強化する働きがあり、お茶の葉や海産物に多く含まれています。
フッ素を歯の表面に塗るとハイドロキシアパタイトと言う成分とくっつき、酸に抵抗のあるフルオロアパタイトを形成し、エナメル質の酸への抵抗力を強める働きがあります。エナメル質はいったん強くなると、簡単に酸に溶けることはないので、フッ素を使った歯質強化をすれば虫歯になりにくくなります。

■シーラント
歯磨きの難しい「奥歯のみぞ」は、虫歯に大変なりやすいと言われています。「シーラント」はこの「奥歯のみぞ」を埋めて虫歯を防ぐ処置です。
また「シーラント」には歯を強くして、虫歯から守る「フッ素」も入っています。

マタニティ歯科

妊娠中にはつわりによって歯磨きがおろそかになったり、食事も一度に多くは食べられないので、どうしても間食の回数も増えてしまい、お口の中の環境は悪化しがちです。
その結果、虫歯に非常になりやすく、また女性ホルモンの影響によって歯ぐきが赤く腫れ、出血しやすくなります。
妊娠中には使えないお薬があるなど、治療の制限はありますが、当院では、お口の中の詳しいチェックを行い、それぞれの状態に合わせた治療を安心して受けていただけるように心がけております。
また、外科的な処置が必要な場合などは、かかりつけの産婦人科医と連携をとって、より安全に治療を進めて行きます。

PAGETOP