小児歯科

歯や歯ぐきだけでなく、舌や唾液腺、また上顎や下顎、顎関節など、顎口腔領域の疾患に対して処置を行ったり、又は専門病院の紹介を致します。

虫歯予防

20歳前後に歯列の一番奥に生えてくる歯のことで狭いところに生えてくるため歯ブラシが届きにくいので、虫歯や歯周病になりやすく、また歯並び、かみ合わせにも影響します。

親知らずがうずいて痛いときはまず炎症を消退させて抜歯する必要があります。

虫歯予防

物を噛むときこめかみや耳の付け根が痛かったり、食事中に顎がカクカク鳴ったり、また突然口が開きにくくなるなどの症状がある場合は顎関節症の可能性があります。重症化する前にしっかり治療しましょう。

噛み合わせ

咬み合わせは顎の関節、顎を動かす筋肉、歯、歯を支えている骨(歯槽骨)の4つが関連しあって構成されます。
咬み合わせが悪くなると、顎の関節の動きが悪くなったり、口をあけると顎を動かす筋肉に痛みが出たり、歯が大きくすり減ったり、歯を支えている骨が吸収して歯がグラグラしたりします。
また、体のバランスにも大きく影響してきますので、早めに治すことをお勧めしております。

PAGETOP